野田首相の小手先感がいろいろとアレな件

2012/06/08

以前も書いたことだけれども,この人は,選挙を経ていない首相なのに重大な案件を決めすぎてるなぁと思う。大飯原発しかり消費税しかり。

例えば,同氏が「国民生活」というとき,この人が想定している国民なる人達がどういう存在なのか,あたしには分からない。公然と公約を反故にしているから,政治理念も分からなければ,国民観も分からない。この人の言う国民は,誰を指しているのだろう。

あたしゃ,補助金でジャブジャブの福井県おおい町の町民が自分のトコの判断で再稼動の道を選んだことについて,何も言うことはありません。一番迷惑するのはリスクだけを負う周辺自治体なんだろうけれども,少なくともこの町の人たちがどうなろうと,あたしの知ったこっちゃない(何かあったときに,「正常な思考回路を奪われた」とか言わないで欲しい)。しかし,首相はそれとは別に,「国民生活」とか「安全」とか「私の判断」とかいったわけの分からない抽象的な政治的美辞でではなく,具体的な根拠に基づいた判断の内容を説明する責任がある(いわゆる説明責任とゆのだろうが)。

特に,冒頭でも書いたとおり,彼は選挙を経ていないことから,国の内外に対して判断の内容を説明する必要性が高い。高いと思うのだけれども……。

なんつか,今に始まったことではないけれど,この首相は政治テクや弁舌テクはあるものの,他がすっからかんな感じ。ま,最近はどこの業界もそうだとは思うんですけどね。小手先感がすごくてヤレヤレと思う。そんだけ。

Site Navigation
SNS Accounts (@aian)

普段はここら辺に住んでいます.