福島を政局にすることも十分人間としてどうかと思うんだけれども

2011/09/10

こゆの,もう飽きた。

自民党の石破茂政調会長は「経産相とか政治家以前の問題で、人間としてどうなのか。辞任するか野田佳彦首相が罷免するか、そうでなければ動かない」と強調。

まず,福島に非礼をこいたことに対して「人間として」落とし前をつけろというのなら,落とし前をつけなきゃいけない人間はたくさんいる。「政治家以前」に「人間として」と言っているくらいだから,おそらく石破氏は,そういう人間に対しても矛先を向けているのだと思う。そうであるらば,当然,自民党内に同様の「人でなし」がいるのなら,辞職なりなんなりさせる準備があるのだと思う。そこを記者はなぜ聞かないのだろう。他人に厳しく自分に甘いとゆのは,人間としてダメだと思う。

それと,福島に対する非礼と,自民党が政治を進めないことには,どのような関係があるのだろう。福島の名誉が回復されなければ,自民党が政治を進められない事情でもあるのだろうか。感情に訴えるのではなく,論理的に説明してほしい。これも記者はどうして聞かないのか。被災地では国の対応の鈍さに困っているそうだけれども,そうしたニーズを犠牲にしてまでも必要な対応なんだろうか。

くだんの発言に問題があるのは,まあそうなんだろうけれども,それをネタにして自分の政治のタネ(政局)に利用するのも,人間としてどうかと思うぞ。結局は,記者連中も含めて,誰も福島の方を向いていないとゆこの現状。「がんばろう日本!」とかきれいごとを言っておきながら,なんとかこの事態を自分の飯の種にしようと,腹黒いことを考えているこの現状。病的だよな,と思う。ただそれだけ。

Site Navigation
SNS Accounts (@aian)

普段はここら辺に住んでいます.