昨日買った本 - 『エンタープライズ アプリケーションアーキテクチャパターン』

2011/04/17

散歩ついでに古本屋で購入。最近はあまりシステム開発に首を突っ込んでないんだけれども,ちょっと趣味で実験したいことがあったので買ってみました。

マーチン・ファウラー氏は,『アナリシスパターン』や『リファクタリング』といった企業システム開発の名著を著している方。ファンも多いと思います。

『アナリシスパターン』は,システム分析/外部設計の局面を想定して書かれているので,かなり抽象的。『リファクタリング』はゴリゴリの実装本です。本書『エンタープライズ アプリケーションアーキテクチャパターン』はというと,内部設計~製造あたりを想定した書籍で,類書には『J2EEパターン』があります。

『J2EEパターン』はその名の通り Java を使っているけれども(それでもシステム開発一般に役立つと思う),本書の適用範囲はそれよりもう少し広く,開発言語も Java の他に C# も使っています。ファウラー氏本人としては,『J2EEパターン』のようなパターン本とは別の方向を志向しているようで,ドメインモデルに基づく有機的なオブジェクトモデルを考えているようです。

まだ精読していないのであれこれ言えないんだけれども,本書をぱらぱらやる限り,企業システムの勘所は,なんつか,永続化層(data source layer)の取り回しをどう効率化するかに尽きる感じがしています。クエリプロセッサの類は一度作ったらある程度使いまわしが利くし,ビジネスロジックもある程度規格化できるんだけれども,永続化層はなかなか抽象化できない。いつも人海戦術で作りこんでる感じがしています。

本書は,上記『J2EEパターン』も参考文献に挙げられていて,ひとつのファウラー的集成になっている感じ。じっくり読ませてもらいます。

Site Navigation
SNS Accounts (@aian)

普段はここら辺に住んでいます.