最近のマイヒット商品 - 『モノクローム タッチ』

2010/06/27

「最近の」という割に,最近買ったわけではないんですけど,Amazon を見ていたら大幅に安くなっていたのに衝撃を受けたので紹介します。やっぱ円高なんだなあ……。

ベッドサイドに置くようなライト。本体のどこでもいいので,タッチするだけで明かりをつけることができます。照度は3段階で変化する。

タッチ式照明の便利なところは,なんといってもスイッチを探さなくていいところ。これは使ってみないと分からないところがあるんですけれど,感覚で言うと,挿入するタイプの自動改札がタッチ式の Suica になった感じ。タッチ式の自動改札って「的」が大きいから楽ですよね。この照明も同じ感じ。どこでも触ればつくので,スイッチを入れる際にストレスがありません。特に真夜中では,部屋が真っ暗な状態で寝ぼけながらスイッチを探すのは,微妙に大変。この照明では,そゆストレスがありません。

一方,難を上げておくと,この照明,ON/OFF するときにかならず,照明の各照度を経由しないといけません。タッチするたびに,OFF→ON(1)→ON(2)→ON(3) と経由しないといけないんですね。ちょっと制御が難しいとは思うんですけれど,長い間 OFF のままだったら,最後の ON だったときの照度を記憶しておくことはできないだろうか。ま,それはそれで使い方が面倒になる気もするんだけど。

非常にシンプルな意匠で,かつ操作もシンプル。ストレスのないいいデザインだと思います。この価格帯のタッチ式照明は,どうもゴテゴテした安っぽいデザインが多いんだけれども,これは非常に落ち着いています。土台が割と重くできているので,見た目ほど不安定なこともない。結構気に入っています。おすすめ。

Site Navigation
SNS Accounts (@aian)

普段はここら辺に住んでいます.