この前買った CD - 「Fist Fights and Foot Races」

2010/02/22

まだまだ引っ張る Amazon 戦利品の話。どういうわけだか Wishlist に入っていたようで,間違えて注文したんだか,本当に欲しかったのか思い出せないアルバムです。しかしこれも当たりだった。

ArtOfficial というグループは,あたしゃさっぱり知らなくて,今でもどんなグループか思い出せません。何かのきっかけでメモがてら Wishlist に入れたみたい。無粋にもジャンル分けすると,Jazzy な HipHop ということになるんだと思います。

もっともこのグループ,非常に手数(てかず)が多彩で驚きます。ジャズが基本になっているんだけれども,Soul やら Funk やら Rock やら,と,とにかく様々な音を聴くことができる。どうやったら,こういう音を作れるんだろう。で,今さっき Amazon の紹介文を読んでいたんですけれど,あー……こういうメンバーだったのね,と。

MC ニューセンス、MC ロジックス、キース・クーパー(Sax)、ラルフ・ヴァレンシア(Ba)、ダニー・ペレス(Key)、マニー・パチーノ(Dr) 2006年、マイアミのアングラ・ヒップホップ・シーンを席巻していたSoulwhatのMC ニューセンスとMC ロジックスが、同じくマイアミのJazz / Regaeシーンで人気を博していたDefonceのダニー、ラルフ、キースの3人に「一緒に何か出来ないか?」と話を持ちかけたのが発端となっているArtOfficial。The Beatles、Radiohead等のロックバンド~ The Roots、Souliveといった現代のソウル / ヒップホップ。ジェームス・ブラウン、ジョン・コルトレーン、デニス・チェンバース等のブルース / ジャズ界偉人まで、各メンバーの嗜好が多岐に渡っていたこともあり、結成当初は本人達もプロジェクトが起動に乗るとは思っていなかったようだが、卓越したスキルを持ったメンバーが一同に 会した彼等が鳴らしたのは、The RootsとSoulliveを融合させ、より一層のバンド感をプラスしたかのような「究極のファンキー・ダンスミュージック」。

嗜好が異なるといっても,おそらくこゆ「傾向」の音楽が好きな人はそれなりにいるんだと思います。あたしみたいに。Radiohead と Dennis Chambers のつながりはあまりないんだけれど,好きな人はそれなりに共通してるっつか。広いバックグラウンドを持った面々の共演は文字通り「競演」で,"Fist Fights and Foot Races"(殴り合いとかけっこ)にふさわしい。こゆアーティストの楽曲は,奥行きがあって何度聞いても飽きません。

コテコテのジャズはちょっと敬遠したいけど,オトナなヒップホップを聴いてみたいという向きにはおすすめ。ま,何がオトナかっつったら,あたしもえらそなことは言えないんですけど。

Site Navigation
SNS Accounts (@aian)

普段はここら辺に住んでいます.