最近気に入っている文房具 - マルマン「ニーモシネ」

2010/02/03

メモ帳なんですけど,こんなの使ってます。

マルマンの「ニーモシネ」というシリーズ。メモ帳用にレポート用紙のようなリーフ状のノートパッドが欲しかったんですけれど,紙束を集めただけのモノだと,バッグから出し入れしていると,ぐちゃぐちゃになっちゃうんです。これは,プラスチック製のケースがあるので,割ときれいに出し入れすることができます。デザインもシンプルでいい。

使ってる様子はこんな感じ。

普段持っている小さめのかばんには,これと Campus ノート,それに中期計画で精読している本が1冊入っています。本を読んでてメモするのが主な使い方だけれども,たまに思いついたことを,ちょこちょこ書いていたりもする。方眼罫なので,自由にレイアウトすることができながら,全体的にきれいに書けます(使用例のメモはぐちゃぐちゃだけど)。書いたメモは,頃合を見てノートにまとめなおしたり,パソコンに収めなおしたりしています。

問題は,中身(ノートパッド)の価格が高いこと。この前も書いたけれども,あたしゃ普段,かなりのペースでモノを書いているもんで,この手の紙はすぐに消費してしまいます。高いだけあって書きやすいし,保存性を重視しているシリーズだけあって,紙もとても丈夫。けど,価格が。

シンプルなデザインの割に丈夫だし,見栄張りな演出(革張りとか)のない実用文具だと思うんですけれど,中身をどう安く調達するかが問題になりそう。中身だけ安いのを調達することはできんだろうか。ちと探してみなくちゃ。なんだか,本末転倒な話になってる気もするんだけれど。

Site Navigation
SNS Accounts (@aian)

普段はここら辺に住んでいます.