Lenovo s10e を買った

2010/01/12

ひとつ前のモデルなんですけれど,Lenovo のネットブック s10e を買いました。といっても,新品ではなく,某中古屋さんで売っていた新古品。しかし,15000円と超破格値でした。

今,あたしが使っているノートパソコンは,IBM の Thinkpad X40 なんですけれど,Mobile Pentium III 1.0 GHz + 1.5 GB RAM + 32 GB HDD な環境は,「今時の」Windows 開発環境としてどうしても見劣りしてしまいます。なにより,Visual Studio 2008 + ICC をインストールできない。ノートの開発環境には,仕方なく VC 6.0 を使っていたんですけれど,まともな C++ 処理系ではないので,今時のプログラミングもできなかったのでした。

s10e の CPU は Atom N270 なるもんで,1コア + Hyper-Threading で見かけ上2つのコアが動いているように見えます。マルチコア CPU 向けのプログラムを作るには,少し力不足だけれども,マルチスレッドに対応したプログラムの開発と動作確認には,(ある程度)使えます。IBM=Lenovo のトレードマークであるトラックポイントがないのは残念だけれども,価格を考えればまぁ仕方ないのかな。

巷では,「サブノートに最適!」とか言ってる人がいるけれども,あたしゃゴリゴリの開発メインマシンとして使うつもり。こんなに軽くて十分な開発環境を用意してくれるマシンなのに,サブノートなんてもったいないです。つか,ロクにパソコン使わないくせに,サブノートってなんだよ!みたいな(放言)。

そんなこんなで,s10e を開発機にするために環境を整える。

まず,s10e のモニタはグローパネル(光沢のあるパネル)なので,こいつをどうにかすることにしました。動画を見る場合なんかは,グローパネルだときれいに見えるんですけれど,プログラミングでは周囲が映り込んでしまって,目が疲れてしまいます。とゆことで,光沢を抑えるシートを張る。

続いて,一通り不要なソフトを動作させないように設定し,Windows xp を SP3 にアップデートした後,セキュリティソフトをインストールして,仮想ドライブ関係を整備しました。s10e に限らないんですけれど,小さなパソコンは外部のドライブを用意するのが大変だったりします。手元にあるメディアで必要なものは,あらかじめ ISO イメージにしておいて,仮想ドライブでマウントすると便利です。

こゆの,UN*X な環境だと,mount(1) であっさりマウントできちゃうんですけれど,Windows の場合は,それ用のアプリケーションを使う必要があります。ま,ご存知だとは思うんですけれど,daemon tools をインストールしました。

あとは,お気に入りのエディタ xyzzy とお気に入りのフォント Bitstream Vera Sans をインストールして,よく使う処理系をインストールします。

  • Visual Studio 2008 Express Edition

  • Intel C++ Compiler 11.1

  • MinGW (g++, gmake)

  • Perl 5.10.1

  • Ruby 1.9.1

  • J2SE 1.6 JDK (Java)

また,開発の補助環境として,Subversion クライアントと Doxygen,XSLTProc をインストールしました。Subversion は Windows の場合,Tortoise SVN なるクライアントがあるんですけれど,これはシェル(エクスプローラ)を書き換えちゃうので,あまり好きじゃなかったりします。すべてコマンドラインのプログラムをインストールします。

これで一通り終わり。メモリは拡張できるみたいだけれど,現段階でそれなりに動いているので,暇があったら拡張します。英語キーボードにすると,多少キーピッチが広くなるみたいなので,試してみたいところ。

実際,今実用に使い始めてはいるんですけれど,やっぱり画面は小さいですね。VS2008 はインストールしたんですけれど,ほとんどプログラムを書く場所がないと思います。あたしゃ普段プログラムを書くのにエディタを使っているので,あまり問題ないんですが(VS はデバッグとビルドに使ってる)。ウィンドウを複数いっぺんに見ることはあまりなくて,ほとんど全画面表示で作業することになります。けど,これくらいの方が,むしろ集中してプログラミングできる感じ。調べ物ついでに YouTube 見ちゃうとかないし(あたしだけか)。

いい端末買っちゃったなー……。X40 は FreeBSD BOX にするつもり。

Site Navigation
SNS Accounts (@aian)

普段はここら辺に住んでいます.