女性のオタクの性に対する態度が謎

2010/01/06

あまり考えがまとまっていないし,この話について他の人の考えを調べてもいないんですけれど,女性(アニメ)オタク(腐女子と等価と考えていいんだろうか)の性に対する態度が,そういえば謎だな……と,つらつら。

男性の(アニメ)オタクの場合,内容がエロかどうかに限らず,少なからず性の問題とつながっているところがあって,それは『戦闘美少女の精神分析』をはじめとして,よく指摘されているところだったりします。性の問題と指摘されることに敏感で,反感を覚える男オタクもいるわけだけれど。また,オタクを自称しない向きがオタクを語るときも,少なからず性的な含みをもっていることが多いはずです。ま,詳しくは書かないけれど,これはこれで納得できる。

一方で,女性の(アニメ)オタクの場合,例えば801の類は性の問題として取り上げられるものの,全体として性のニュアンスは薄い感じがしています。むしろ,かっこいいキャラクターが出てくるアニメなりマンガなりを性の文脈に乗せて消費する場合,必ずと言っていいほど801(をはじめとした同性愛モノ)として消費されているんじゃないか,と。他にバラエティはないんだろうか。

ま,あたしの知っている範囲が狭いだけなのかもしれないけれど,古くはサムライトルーパーや星闘士星矢から,今時は GUNDAM SEED(なのか?)まで,これが消費の仕方の基本のようにも見える。

オタクという問題における「つまるところ」のひとつには,思春期の性があるんだろうけれども,なんつか,女性のそれについてはつかみあぐねています。ま,つかむ必要もないんですけど。ちょっと思っただけ。

Site Navigation
SNS Accounts (@aian)

普段はここら辺に住んでいます.