昔の AVR が大量に余っているんだけれどもどう使おうか

2009/01/31

このサイトで AVR でゴニョゴニョやってた時期があるんですけれど,いつか使うだろうと思って,秋葉に行く度買いためていた AVR が大量に余っていて,どうしたもんかと……。AVR でゴニョゴニョやってる記事については,以下を参照してください。

先日,衝動買いで『ハンダの達人』なる本を買ったもんで,今読んでるんですけど,また電子工作したくなっちゃいました。パーツはあるし,あとはアイデアと時間次第。とりあえず,有り余る MCU の数を利用して面白いことができないかと思っています。

ハンダの達人 福多利夫 翔泳社 2008年

例えば,たくさん MCU があるんだったら,プチ並列分散処理を実行するナニカを作れないか……とか。あるいは,特定の規格に合わせたモジュールをたくさん作って通信させつつ,ニューラルネットワークモドキみたいなもんを作れないか,とか。ニューラルネットワーク全然知らないんですけど。ひとつひとつはコマコマとしたもんなんだけれど,うまく集まればすげいぜ!みたいなモノを作ってみたいです。

電子回路って基本的にパラレルな通信が得意(というか初心者にとって扱いやすい)なので,同様にパラレルな演算を行う FFT なんかは割と相性がいいんじゃないかと思ったりもします。実際どうなんだろう。

まだ企画がブヨブヨなもんで,なんとも言えないんですけれど,第二次電子工作ブーム(マイブーム)到来の予感なのです。

Site Navigation
SNS Accounts (@aian)

普段はここら辺に住んでいます.