昨日買った本 - 『prototype.jsパーフェクトリファレンス―Ajax実践プログラミング』

2008/05/23

この頃は C で数値計算やら画像解析やらをやっているもんで,リークを気にしたり,バッファの境界値を超えないように気をつけたりで,神経ピリピリです。こういうときは,超なごみ系言語 JavaScript でもいぢってあそぶ。このお気楽さは最高です。

prototype.jsパーフェクトリファレンス Ajax実践プログラミング 古籏一浩 アスキー・メディアワークス

改めて説明することもないんでしょうけど,prototype.js というのは,JavaScript の便利ライブラリのことです。現在のウェブサービスでは,デファクトスタンダードといってもいいライブラリなので,ある意味,知ってて当たり前なところもあったりします。

本書はその prototype.js について,主要な機能を紹介しています。「主要な」というところがポイントで,例えば,JSON 周りなんかの記述はあまりない。その代わり,script.aculo.usAccordion のような,表示系(エフェクト系)ライブラリが紹介されています。prototype.js を説明しているのは,前半の 1/3 だけなので,その意味で言えば,本書は「パーフェクト」リファレンスじゃありません。まぁ,だまされたっつーかなんつーか,そんな感じ(最近こんな本ばっか買ってるな)。

ともあれ,あたしの場合は,prototype.js のソースを読んで使い方を覚えたので(Ajax 云々よりも JavaScript でクラスを作る方法に興味があった),内容が限られていても,手元にまとまったリファレンス本があった方が便利だったりします。prototype.js 本ってそもそも珍しいですしね。JavaScript 本にありがちな「ページかせぎの画面ダンプ」も少なくて,その点はグッドです。

一方,.NET のような他のフレームワークで Ajax を扱うものが増えているのを見ても分かるとおり,この手のライブラリは「(サーバ側も含めて)フレームワークとして運用できてなんぼ」みたいなところがあったりします。その意味で言うと,フレームワーク的な考え方がない人にとっては,個別のリファレンスを小出しにしてもあまり役に立たないんじゃないか,とも。「Ajax をシステムに組み込むということ」がどういうことなのか,といった話は,例えば以下の本が参考になります。

AJAX Webアプリケーション アイデアブック 羽田野 太巳 秀和システム

Ajax をはじめとして,JavaScript 関連の諸技術も,そろそろキャズムを超えつつあるし,一旦ノウハウなり知識なりを棚卸しするには,便利な本なんじゃないかと。

Site Navigation
SNS Accounts (@aian)

普段はここら辺に住んでいます.