今週読んだ漫画 - 秋だから漫画をたくさん買ってきた

2007/11/05

古本屋で漫画を大人買い。古本屋はシリーズモノをまとめて買えるので,選ぶときに重宝します。

まず,エウレカ。アニメ版と違ってとてもうまくまとまっているところが,良いところでもあり,また物申したい人もあり(そう)な作品です。あたしゃアニメ版を見ちゃってるので,本作品独自の「痕跡」を辿ることが難しいんですけれど,おそらくアニメ版を見ていない方でも楽しめるはず。ちなみに,買った単行本の中には,「グラヴィティボーイズ&リフティングガール」という別のストーリーもあったんですけれど,こちらはほぼ純粋に学園モノだったので,エウレカの世界でわざわざ語ることなのかなぁ……とも。他の物語(世界)の話と交換できちゃいそうだったもんで。

続きまして……。

こちらは先週から読み始めました。最初から読んでなかったので,頭から通してます。週に3巻くらいずつ読んでいて今6巻目を読み終えたところ。まぁおなじみということで。

『ツバサ』のように,キャラクターだけで読ませていく物語ってのは,手法としては古くて新しい類いの物語なのかもしれません。ガンダムや前掲のエウレカのように,ある程度固まった世界(観)の中でキャラクターを動かすのではなくて,キャラクターを固定して世界の方を動かしていく物語,といった感じ。こうした物語って,なんというか,お姉さんとモグタン(←古)みたいなところがあって,懐しさすら感じます。けど,ガンダム以降の物語としては,割と新しめなんじゃないかなぁ……と(適当に言ってみる)。

で,続きまして……。

えーと,こちらは新装版で3巻まで読んだところ。昔アニメでボチボチ見ていたんですけど,原作を読んだのは初めてです。

この作品のように,女の子の方が「好き好き」言っていて,男の子(主人公)が「恥かしいこと言うな」ってな具合に困る話はあまり見なくなった気がします。本作品を読んでいて,ツンデレの元にある性根は諸星あたるじゃないかとひらめいたんですけど,どうでしょう?(どうでしょうって言ってもね。)

で,最後に続きまして……。

こちらも3巻まで。

クラウザー様の「殺害せよ 殺害せよ」に,しこたま笑わせてもらいました。この作品については,Amazon の書評にあったコメントが印象的。

評判が良いので読む前までは非常に楽しみでしたが、いざ読んだらその内容に嫌悪感しか抱きませんでした。 殺すだの、レイプだの後ろから犯すだの暴言連発。 特に下ネタの使い方が最低、最悪。 マジメな人生を生きてる人だとこのマンガは家族や友人にはオススメできないでしょう。

実際,メタルって真面目に「殺害」とか「レイプ」とか言っているわけで(※10代のとき少し演ってたのです),そういうもんを相対化してしまうところに,本作品の面白みがあると思うんですけどね。ポピュラー音楽は,真面目であれ不真面目であれ,何かしら気違いじみたところがないと(商売として)やっていけないんじゃないかと思うわけで,本書は意識的にか無意識的にかそういった側面を告発しているとも……(言えないか)。ともあれ,そうした気違いじみたところ相対化する本書のメタルは,メタ-メタル。む……語呂がいい。

読んだ漫画を並べてみると,忙しいとかなんとか言っていても,それなりに読んでいるわけで,我ながらびっくりです。

Site Navigation
SNS Accounts (@aian)

普段はここら辺に住んでいます.