pLaTeX→Emacs(野鳥)→FreeBSD というルート

2007/03/12

こちらを読ませていただいて。

ノッフ! - プログラムしないけど emacs 使っています

そういえば,あたしが FreeBSD を使うようになったのは Emacs を使うためで,Emacs の何がいいって野鳥(YaTeX)があったからだったと,ふと思い出しました。本格的にプログラミングしようと思う前に,Emacs に触れた人がいるんだと思って,ちょっと同胞感が……。それまでは御他聞に漏れず「秀丸」を使ってました。

LaTeX は奥村晴彦氏の『LaTeX2ε美文書作成入門』(あたしのときは初版)を読んで気に入ったんですけれど,どうせだったらネイティブというか本家の TeX を触りたいな,と思って FreeBSD を入れてみたというわけです。自作機に入れる OS が買えなかったから,という理由もあるんですが。

[1] LaTeX2ε美文書作成入門. 改訂第6版. 奥村晴彦. 技術評論社. 2013年.

あたしが FreeBSD に触れた当時(1997年頃)は,FreeBSD も Linux も同じくらいマイナーな OS だったもんですから,Linux でも別に構わなかったんですけどね。貧乏人に「Free」の一言は大きな誘引になりました。

ただ,最近はあまり Emacs も使わなくなっていて,Vim を使うようになっています。というのも,Emacs は既存のメジャーモードを使っている分にはかなり楽ができるんですけれど,一旦挙動を直そうと思うと,結構苦労するからです。『やさしいEmacs‐Lisp講座』あたりを読みつつ,シコシコと Emacs Lisp の練習をしたこともあったんですけれど,「もう fundamental mode でいいや」なことになることもしばしば。道具にコストをかけすぎて,肝心のモノができない,ってな具合です。

[2] やさしいEmacs‐Lisp講座. 改訂版. 広瀬雄二. カットシステム. 2011年.

Emacs の場合,最初の学習はそれほど苦にはならないんですけれど(慣れの問題),その後になるといきなり敷居が高くなる感じはします。

まぁ,そんなことを言いつつも,今でもそれなりに Emacs のお世話にはなってるし,Office ソフトで保存するときにも,反射的に「\C-x\C-s」しちゃったりして「ウギャー」なことになるのもしばしばなんですが。

Site Navigation
SNS Accounts (@aian)

普段はここら辺に住んでいます.