FreeBSD メモ - FreeBSD 6.2 Release

2007/01/17

Release Notes はこちらです。

FreeBSD/i386 6.2-RELEASE Release Notes

先頃リリースされたのは知っていたけれども,その少し前に STABLE にアップデートしていたので,ちょっと食指が動かない状況です。Release Notes だけ読んでおくことに……。

微妙に気になったのは,次の2点。どっちもユーザランドの話です。

The cp(1) utility now supports a -l option, which causes it to create hardlinks to the source files instead of copying them.

これ,よく分からないんですけれど,なんで cp(1) にハードリンクを作らせるんでしょ。ln(1) が入ってない環境なんてないと思うし……。最近 ML なんかを追い掛けてないので,ちょっと話に疎くなってるんですけれど,そうか……cp(1) もハードリンクを作るような時代になったか(どんな時代だ)。

あともうひとつ

The csup(1) utility has been imported. This is an implementation of a CVSup-compatible client written in the C language. Note that it currently supports checkout mode only.

新しいコマンドとして,csup(1) というのが入ったそうです。読めば分かることですけど,C で書かれた CVSup 互換のユーティリティみたい。これは嬉しいです。例えば,新規にインストールするときなんかに,一通り設定が済んだら Ports を更新しますよね(しないか)。そのときに,まず古い Ports tree から CVSup をインストールしなくちゃいけないってのには,すごく違和感があったのでした。なんで標準のユーティリティにしてくれないんだろう,と思っていたところ,入ってくれたというわけです。今のところチェックアウトだけしかできないみたいだけれど,こういう目的に使うんだったら十分ですよね。

あとは例によって ls(1) のコマンドオプションがギュンギュン増えていることくらいでしょうか……。もう,俗っぽい話ばかりでごめんなさいね。カーネルの話はできないんですよ。

Site Navigation
SNS Accounts (@aian)

普段はここら辺に住んでいます.