Blu-ray/HD DVD のコンボドライブ

2006/07/11

Blue-ray と HD DVD の対立が取り沙汰されていたから,無意識にどちらかひとつを選ばないといけないと思っていたんですけれど,コンボドライブって手もあったんですね。それだったら,もう少し様子見してもよさそうな感じ。

Ricoh jumps in with a tiny optical device that makes a goes-both-ways player easier to execute. The company said it has created a 3.5mm diffraction plate that can rock pretty much any format, including Blu-ray, HD DVD, DVD and CD without the need for multiple pickups and lenses. Ricoh will offer the technology to all takers by the end of this year.

Blue-ray と HD DVD の話では,beta と VHS の話が引き合いに出されていたけれど,こういう折衷案は今風だなぁ,と思います。折衷されたのは消費者の選択肢だけで,それぞれの規格を作ったメーカーが大変なことに変わりはないんでしょうけど……。

まだ部品ができただけらしいので,製品化には今年一杯までかかるようです。でも,期待できます。しちゃいます。いくらくらいになるんだろう。まぁ,当面の使い道もままならないうちに,コンボドライブの購入を考えても,意味ないわけですが……。映像目的だったら,ドライブの他にもいろいろと物入りになるだろうし。ドライブの購入が現実的なものになってくると,今度は使い道を考えるのに苦労しそうな感じ(参考:「ブルーレイ vs HD DVD 「こんな次世代規格は嫌だ」 4つの理由」(アキバBlog))。

Site Navigation
SNS Accounts (@aian)

普段はここら辺に住んでいます.