頭字語をメモしてみる

2005/02/23

数ヶ月前から,海外の ML を読むようになりました。日本の ML で事足りることがほとんどなんですけれど,アンテナはたくさん張っておくに越したことはないということで,購読したわけです。

ML の英語は,用語の意味さえ知っていれば,中学生でも読めるので,堅苦しいもんじゃありません。けれど,時々口にされる頭字語(acronym)には悩まされてしまいます……。頭字語というのは,UN(United Nations)とか FSF(Free Software Foundation)みたいに,単語の頭の文字を拾ってまとめた言葉のことです。

もちろん,頭字語といっても,上のような機関名(例:OECD)や技術名(例:HTTP)は,ある意味常識なわけで,国内の ML を読むのも必要だったりします。ただ,作文でよく使う文句にまで頭字語が使われると,ちょっと困ったことなります。例えば,IIRC(= If I recall correctly(記憶が正しかったら))とか,NOYB(= none of your business(おまえに関係ないだろ))といった感じの言葉……。何を言ってるのかさっぱり分からないこともしばしばです。ついさっきも freebsd-questions で,

> I understand Single user mode. What is the difference > between Safe Mode and Default Mode? IIRC, this disables ACPI. I looked for it in the manpage, but I wasn't able to discover the exact meaning of this mode.

なんて文句があって,首を傾げてしまいました。物知らずなだけですけど……。

大したこと言ってないことが多いから,無視してもいいんですけれど,どうしても気になってしまいます。逐一調べるのも面倒なので,よく見掛けるものをメモしておきます。

調べてみると,結構あるんですね。もともと,英語ってこういうのが好きなところがあるみたい。GNU(GNU is Not Unix!)なんてお遊びもあるくらいですしね(recursive acronym)。インターネットが普及してから,ますますその傾向が顕著になったといった指摘もあるようです。手元に控えていたものだけでも,こんな感じ……。

  • IIRC = If I recall correctly

  • NOYB = none of your business

  • OTOH = on the other hand

  • ROTFLMAO = rolling on the floor laughing my ass off

  • FWIW = for what it's worth

  • TIA = thanks in advance

  • IMNSHO = in my not so humble opinion

  • IRL = in real life

  • JMO = just my opinion

  • OMG = oh my god[gosh]

  • BTW = by the way

  • IYDMMA = if you don’t mind me asking

まぁ……メモしたところで,いきなり読めるもんでもないんですけどね。こんなにたくさん,いっぺんには覚えられません(←覚えるの嫌い)。

また,意味は分かっていても,なかなか使えないような気もします。「if you don’t mind me asking」まで「IYDMMA」に略すってのは,ちょっと失礼な気もするんですけど……どうなんでしょう。日本語で言うなら,「さしたず」(=差し支えなければおたずねします)といったところでしょうか。

Site Navigation
SNS Accounts (@aian)

普段はここら辺に住んでいます.